ふと考えた。子供向けと子供だましの違いってなんだろう。

手元の年季の入った広辞苑を開いてみると子供向けについて記載はなく、子供だましを引いてみると

 1・子供をすかしだますこと
 2・子供をだますような見えすいたつくりごと

とあった。

1は子供を実際に騙す行為の事で、2では子供を騙すような内容の物の事だと言っている。

1はそのままとして、2とはどういった内容の物なのだろう。


子供とわざわざ書いてるのは、その対であろう大人は騙せない、という意図があっての事だろう。
その両者で何が大きく違うかと言うと、経験やら判断能力やら感性、一言で言うと成熟してるかそうでないか、なのかと思う。
未成熟な子供は騙せるが、その反対の大人は騙せないものという事になるか。


大人は騙せなくて子供は騙せるとなると、やはり幼稚、や稚拙、みたいな言葉が当てはまるような内容のものなのかと思う。
それらの言葉は一般的に悪口で、ネガティブな印象を与える。
子供だましと評される時、大抵はネガティブな物として捉えられ言及されているのだろう。


子供向けってのは文字通り子供を対象に考えられてつくられたものという意味だと思う。
教訓が盛り込まれてたり、内容が平易で理解しやすかったりというものが想像される。


子供だましは必ずしも子供向けとは限らない。
むしろ、対象に大人が想定されているような物で、内容が稚拙な時にこそ使われるのではないだろうか。
初めから子供を対象にされていないような物なら、子供向けという言葉も内容が稚拙なものという子供だましに類似した意味でも使われる事があるかもしれないが。


整理すると、
・子供向けは大抵そのままの意味。ネガティブな要素は薄い。
・子供だましは大抵ネガティブ、否定的な意図を持って使われる言葉。


みたいな感じなのかと思う。



・例外もあるのでは
子供だましはほとんど悪口で、そう受け取られないように越した事はないが、例外として思い浮かぶものがある。それは商業と結びついた時である。

商業で子供向けの作品や商品、それらを子供に気に入ってもらい消費してもらうには子供が好む内容、ビジネスモデルを展開するのが適している。
その商業活動は子供だましと言えるかもしれないが、収益に繋がればそれは問題でなく成功だ。
大人は騙せないような内容、ビジネスモデルでも消費活動にさえ繋がれば企業にとっては狙い通りかもしれない。


子供だましは内容に関する場合大抵が悪口だが、立場や価値観が変わればそうも言い切れない事もあるのかも・・そんな事を考えた。






その他の記事